再発ハンター ~注目の再発盤をピックアップ~ 2018年4月号(2)

WRITER
リバイナル編集部

注目の再発盤を毎月ピックアップしてお届けするコーナー。
「再発されるからには理由がある」
そんな名盤をどんどん紹介していきます!


今回はアンビエント系やジャズ系のコレクターズアイテムが豊作です。

■Brian Eno/Music For Installations

レーベル:Umc
品番:6724075
発売日:2018年5月4日

ブライアン・イーノ大先生の9枚組LPボックスセット!長年仕事を共にしてきているニック・ロバートソンがデザインをしているというだけあって、もはや芸術品の域に達していますね。大先生の書き下ろしの解説が入った64ページのブックレットも付属。過去未発売&限定発売の音源ばかりらしいので、ちょっとお高くなりそうですが手に入れたいものです。

■松武秀樹/眠れる夜

レーベル:PINEWAVES
品番:PW06
発売日:2018年4月21日

こちらもアンビエント作品です。YMO第4のメンバーとも言われた松武秀樹さんの作品。もともとはカセットテープで1983年にリリースされ、2009年にはじめてCD化された作品。今回は当時プロモ盤として配布されていた7インチ盤の再発となります。シンセサウンドのループに羊を数えるナレーションがのる心地の良いサウンドですが、7インチ盤は睡眠導入にはちょっと短いかも・・・ とか言わないでくださいね。

■Miles Davis/死刑台のエレベーター Ascenseur pour l'echafaud

レーベル:Verve
品番:5379639
発売日:2018年5月18日

マイルスが音楽を担当したサウンドトラック名盤『死刑台のエレベーター』。公開から60周年を記念して、10インチ3枚組みのボックスセットで再発です。マイルスが単身フランスに渡り録音した、サウンドトラック・ジャズの名盤ですね。録音された全てのテイクを収録したコレクターズ・エディション。

■Holger Czukay/Cinema

レーベル:Gronland
品番:LPGRON180
発売日:2018年4月20日

2017年、惜しくも亡くなってしまったクラウト・ロックの巨人、Holger Czukayの軌跡をまとめた豪華ボックスセット。LP5枚組にDVDがセットになっています。LPのほうは、彼のソロ作やコラボ作品などの代表曲はもちろん、初期の未発表音源まで収録。ブライアン・イーノ大先生やカンの盟友ヤキ・リーベツァイト、元PIL のジャー・ウォブルとのコラボ作品もしっかり収録されている、コレクター必携アイテムとなっております。


※掲載のタイトルは発売日、価格等が変更となる場合がございます。ご了承ください。また、うっかり買い逃さないようにご注意ください。

世界中のレコードを、その手の中に
  • Google Playでアプリをダウンロード
  • App Storeからアプリをダウンロード

関連記事


新着記事

すべての記事をdig!