日本ヴァイナル紀行(第2回)

WRITER
Yasu Page aka.松葉泰明(y’s connection)

ども!Yasu Page です。日本ヴァイナル紀行、第2回目です!
この企画では、日本全国のレコード屋さんを実際に訪れて、お店の魅力や実際にゲットしたレコードについてお話をしていきます!

今回は名古屋です!何を隠そう私Yasu Pageは名古屋出身。
「名古屋の情報はおまかせあれ〜」と言いたいところですが、すでに人生のうち半分以上が東京生活。地元ではありますが、知らない事も多いのです。そんな私が、今回取材してみての感想は 「オレは名古屋の何も知らなかった・・・」 という事。実は名古屋は、レコード好きにはたまらないグレイトな街だったのです!

やって来たのは、大須 greatest hits。通称『グレヒ』(笑)。名前の通り、王道の洋楽ROCK・POPSを中心にSOUL、ALTERNATIVEなど、いい感じのオールジャンル店。名作の数々が店内にズラリと並びます。
1Fがレギュラー・メインフロア。丁寧に1枚1枚手書きの解説カードも入っていて音楽愛を感じます。そして2Fはアウトレット・バーゲンフロア。とにかく、名盤が安く手に入ります!

HERBIE HANCOCK 『FUTURE SHOCK』 、JEFF BECK『THE BEST OF』、SANTANA『AMIGO』が、全て324円!
U2『WAR』、LED ZEPPELIN『PHYSICAL GRAFFITI』、THE ROLLING STONES『EMOTIONAL RESCUE』が、なんと540円!

【今回の戦利品】

渋谷あたりで買ったら全アイテム2000円OVERですよね。そして見つけた瞬間ガッツポーズだったのが、THE STYLE COUCIL『WALLS COME TUMBLING DOWN』の12インチ!ウェラー師匠を敬愛する私でさえ、こんなモノが存在する事を知りませんでした。(汗)

店長の高嶋敬さんにお話を聞く事が出来ました。
「名古屋には、東京・大阪のようにいわゆる大型店とかチェーン店のレコードSHOPがないので、個人経営のレコ屋がいっぱいあるよ。それぞれのお店が得意分野に力を入れて元気に営業しているよー」 と、いやー有り難い話ではないですか、、、

そして高嶋店長、なんと手書きで名古屋レコ屋MAPまで作って下さいました。
大須を中心に、現在進行系のお店情報を教えて下さったので、特別にお見せしましょう〜「gh」というのが、グレイテストヒッツですー!

グレイテストヒッツ
〒460-0011
名古屋市中区大須2-27-26
052-223-0178
http://www.greatesthits-rec.com/home/index.html

世界中のレコードを、その手の中に
  • Google Playでアプリをダウンロード
  • App Storeからアプリをダウンロード

関連記事


新着記事

すべての記事をdig!