レコード店とディスクガイド 5軒目 Jazz Records seeed(大阪・堂山町)

WRITER
吉本秀純

長門さんの今のマイブームも含めてお店の売れ筋も含め、レコメンドを教えてもらいました。

【お店の売れ線な3枚】

リー・モーガンは最近に映画も公開されましたけど、ブルーノートだし好きなお客さんが多いですね。代表作となると他のがよく挙がりますけど、このアルバムもハード・バップでめちゃくちゃカッコイイです。渡辺貞夫は、この時代にこんな音をやっていたの?と驚かされた昔から好きな作品で、初めて聴いた時にはストラタ・イーストのアルバムみたいだと思いました。ビル・エヴァンスとの共演作で有名な女性ボーカリストのモニカ・ゼタールンドは優しい感じで、このアルバムではタビー・ヘイズと一緒にやっていた英国ジャズのプレイヤーたちのコンボがバックを務めています。

Lee Morgan『Search For The New Land』

Sadao Watanabe『s/t』

Monica Zetterlund『Make Mine Swedish Style』

【最近に推している3枚】

ECMは個人的に買いまくりでハマっているんですけど(笑)、スピリチュアル・ジャズみたいなのもあれば心洗われる音の作品もあって面白いですね。これはデヴィッド・ダーリングというチェロ奏者のアルバムですけど、タブラなども入ってきてECMならではの世界です。山本剛はTBMの作品はみんな好きでよく売れるんですけど、TBM以外の録音にも当然カッコいい作品はたくさんあって。それはココで強調しておきたいです。最後の New York Saxophone Madnessは1985年に大阪の岸和田で録音されていたもので、ソニー・フォーチュン、ビリー・ハーパー、ケニー・バロンなどと凄いメンバーなんですけど非売品だったみたいであまり知られていない作品です。音も結構硬派で、海外の人は見つけるとすごく喜んで買っていきます。

David Darling『Cycles』

Tsuyoshi Yamamoto Trio『Red Gardenia』

New York Saxophone Madness『Danjiri (The Message From Kishiwada)』

Jazz Records seeed

Jazz Records seeed
住所: 大阪市北区堂山町14番29号 鈴木ビル202号
電話: 06-6809-6043
営業時間:12:00 - 19:00
定休日: 水曜
HP: http://www.seeed.net/

世界中のレコードを、その手の中に
  • Google Playでアプリをダウンロード
  • App Storeからアプリをダウンロード

関連記事


新着記事

すべての記事をdig!