レコード店とディスクガイド8軒目 100000tアローントコ(京都・市役所前)

WRITER
吉本秀純

【ジャケ買いな3枚】


ビクター少年合唱団『カントリー・ロード/天使のハーモニー』

この写真を見る時点でかなりノスタルジーを感じる世代なんですが、1曲目の「カントリー・ロード」の何かが始まるファンファーレ感はやはり感動しますし、最後は「蛍の光」で締めるという2枚組です(笑)。こういう学校で演奏している音源とかだけを集めてコンピを作ったりしているマニアな方には断然オススメなアルバムですね。


浅野ゆう子『サマー・チャンピオン』

A面はセルジオ・メンデスのカバーで、B面の「仮面舞踏会」もディスコ歌謡なイイ曲なんですけど、何と言ってもこのジャケの写真ですよね(笑)。今の価値観で言うとあまりグッとこないのかもしれないけど、僕はめっちゃ好きで、レコードが入ってくる度にカウンターに飾っています。


オリジナル・サウンドトラック『月曜日のユカ』

コレは普通に手に入れて部屋に飾っておきたくなるような、名作映画のサントラの限定リイシュー盤ですね。オジサンから若い子まで世代や男女を問わず誰もが欲しくなる盤なので、コレはリヴィングにでも飾ってもらって、「サマー・チャンピオン」は寝室などに置いてもらえれば。 

【最近の入荷からオススメな3枚】


Bauhaus「Telegram Sam」

たまたま昨日に聴いていたんですけど、バウハウスがT-レックスの曲をポスト・パンクっぽく凶暴にカバーしたものの45回転の12インチ盤です。コレは今のヤングの、告白前夜とかであとひと押しの勇気が欲しい少年たちにオススメしたいです。


Cyril Lefebuve『Musique Francaise Et Americaine De La Meme Epoque Et D’il Y A Longtemps』

これはフランスの曲者な弦楽器奏者が70年代に残した作品で、ドビュッシーやサティにトラッド、スキップ・ジェイムスといった選曲で、デヴィッド・グリスマンやロバート・クラムあたりのような音をひねりの効いた演奏とアレンジでやっています。 


V.A.『東京ビートニクス』

アナログ盤はプロモ・オンリーでレアなGS歌謡の人気コンピですけど(選曲はコモエスタ八重樫)、少し前に作業しながら45回転でかけるところを間違えて33回転でかけていたら、1曲目はコレはコレで味があるいい曲になっていて気が付かなかったんですよね(笑)。それもアナログ盤ならではの楽しみということで。

 100000tアローントコ

 100000tアローントコ
住所:京都市寺町御池上るモーリスビル2F
電話:090-9877-7384(加地)
営業時間:12:00〜20:00
定休日: 無休
URL: http://100000t.com

Writer 吉本秀純
撮影 米田真也

世界中のレコードを、その手の中に
  • Google Playでアプリをダウンロード
  • App Storeからアプリをダウンロード

関連記事


新着記事

すべての記事をdig!