レコードとShingo Suzuki(Ovall) - 人生を変えた3枚 -

WRITER
山本 将志

「自分自身でアナログ盤を出せるってすごく嬉しいですよ。」

――Ovallのファンには、ぜひ聞いてほしい3枚でしたね。ディアンジェロの『Voodoo』はもう一度、レコードで聞き直そうと思いました。Ovallが所属するorigami PRODUCTIONSのアーティストの皆さんは、レコードでもリリースをよくされますよね。Ovallも先日7インチで『Winter Lights / Open Your Eyes』をリリースされたばかりですし。
すべてのタイトルじゃないですけど、レコードでもリリースしています。音楽主体で考えているレーベルなのでレコードに対する愛着というか、物理的なものとしての価値は高めたいなと思っています。プロモーションではなく、作品のひとつですね。自分自身でアナログ盤を出せるってすごく嬉しいですよ。

――大阪、名古屋、福岡で復活ライブもありますよね。昨年12月に東京で行ってから時間が開いた理由はなぜでしょうか?
本当は東京だけの予定だったのですが、各所から「うちでもやってください」とオファーを頂けて。それでスケジュールを調整してツアーすることになったんです。Ovallとして大阪、名古屋、福岡に行くのは久しぶりなので一つ一つのライブを大切にしたいです。

――ライブの時にOvallとして、バックステージで行ってる恒例儀式はありますか?
フ陣を組むみたいなことはしないですね、何もやらないのがOvallかな。僕が覚えてる中では、フジロックでやったくらいかも。

――打ち上げは?
美味しいものを食べれるのは嬉しいですね。でもメンバーみんなあまりお酒が飲めないですし、ホテルで次のライブに備えて体を休ませないとと思ってます。

――ありがとうございました。最後にどうしても取材中気になっていたことを伺わせてください。そのTシャツは…
ホイットニー・ヒューストンのTシャツです(笑)。最近はロックTシャツが流行っていたから、自分はR&B Tにしようかな、と。最近、90年代っぽいプリントTシャツが好きで。それも、えげつない感じのが。ツアーで今日着てるホイットニーは着るかも(笑)。

「Resurrection Tour 2018」

4年の活動休止を経て、4月20日(金)から大阪、愛知、福岡開催される復活ライブ「Resurrection Tour 2018」の大阪、名古屋公演へ抽選で2組4名様ずつご招待。

応募期間:2018年4月12日(木)〜4月17日(火)23:59
応募方法:応募方法は、TwitterでREVINYLのアカウントのフォロー&関連投稿をRT後、ダイレクトメッセージをお送りください。ダイレクトメッセージには、フルネーム(カタカナ)と希望の公演を明記してください。応募締め切りは4月17日(火)まで。(当選発表は4月18日(水)を予定。)当選者へのみダイレクトメッセージでご連絡します。
Twitter: https://twitter.com/REVINYL_REVINYL

ツアー日程
4月20日(金)大阪・梅田 Banana Hall
4月22日(日)愛知・名古屋 CLUB UPSET
4月28日(土)福岡・福岡UNION SODA

Ovall

Ovall
Shingo Suzuki(ベース)、mabanua(ドラム)、関口シンゴ(ギター)によるバンドプロジェクト。リリース前にも関わらず「朝霧 JAM 2009」に出演。2010年3月に1st アルバム『DON’ T CARE WHO KNOWS THAT』をリリース、iTunes HIP-HOP チャート で 1 位、タワーレコード bounce 年間チャートで総合8 位(洋邦メジャーインディ含む)を記録。 またFUJI ROCK、SUMMER SONIC、GREENROOM、RINSING SUN、SunSet Live など大型フェスへ多数出演し、話題のバンドとしてシーンに大きく浮上。 2013年、2ndアルバム『DAWN』のリリース後にメンバーのソロ活動やプロデューサー、ツアーミュージシャンとしての活動も急増し、多忙を極めた3人はOvallとしての活動休止を宣言。2017年、ファンやアーティストから復活の要望が絶えず、メンバーもその思いに応える形で再始動をした。
http://ovall.net/

取材・文:山本 将志
写真:則常 智宏

世界中のレコードを、その手の中に
  • Google Playでアプリをダウンロード
  • App Storeからアプリをダウンロード

関連記事


新着記事

すべての記事をdig!