真行寺貴秋(BRADIO)インタビュー ~ PERSONAL BUYER

WRITER
PERSONAL BUYER

——パーソナルバイヤーの印象から教えてください。
人から勧めてもらうのっていいですよね。僕はアナログな人間なので、今でも友達とよくCDの貸し借りをします。友達からのオススメの音楽を聴くのは、ドキドキ感があって楽しいですよね。それと同じ感覚かと思いました。

——レコードショップは普段行きますか?
ツアーの時に、知り合いのバンドマンに教えてもらったオススメのお店や、事前に調べたお店に行きますね。

——行きつけのお店はありますか?
都内はなんとなく行くお店は決まっていますね。地方に行く時は冒険して新しいお店に入ってみたりもします。ハードオフとかにも行きますよ(笑)。

——レコードを買い始めたのはいつ頃からですか?
いつだろう・・・。BRADIOの活動を始めてからかな。

——最近なんですね。
はい。学生の時はCDで聴いてましたね。

——当時は何を聞いていましたか?
中学生の時はビートルズ、マイケルジャクソン、スティービーワンダーあたりですかね。ビートルズは特にハマっていました。それと並行して、GLAY、L'Arc〜en〜Ciel、LUNA SEAとかも聴いてましたね。僕らの世代は第2次バンドブームのちょっと後ぐらいなので、そういったバンドグループがすごい流行っていました。あとはDescendentsとかRancidみたいなパンクロックも好きでしたね。いろいろな音楽を聞いていました。

——レコードについて特別な想いはありますか?
ストリーミングはちょっと空いた時間や出先で聞けたりして、便利ですよね。レコードはその場に腰据えて、よし聞くぞっていう環境がないと聞けないじゃないですか。そうゆう音楽に向き合う時間が出来るのがすごくいいと思います。

——それでは今日持ってきていただいたレコードを紹介してください。

まずは小坂忠さんの『ほうろう』。これは再発盤ですね。小坂忠さんを知ったのは、Scoobie Doというバンドのコヤマシュウさんにオススメしてもらったのがきっかけです。歌詞の言葉のチョイスも面白いし、歌い方もソウルフルで最高ですね。オススメです。

次はPleaseのManila Thriller。彼らはフィリピン出身のバンドですね。まずジャケが最高です(笑)。曲はファンキーでメロディーもわかりやすい。ファルセットも綺麗で歌い方も僕のタイプです。最近フィリピンのアーティストにハマってます(笑)。ほかにはMILLINGTONっていう姉妹ユニットとか、South BorderっていうR&B系のバンドも好きです。Bruno Marsのお母さんもフィリピン出身ですしね。 

最後はDonny Hathawayのレコード。これはLive盤ですね。臨場感があるので、Live盤を聴くのは好きですね。全体的にはジャズっぽい曲調で、有名なベースソロが入っていたり、音が割れる曲が入っていたりして、最高です。名盤ですね。

——今回は、どういったレコードを選ぶ予定ですか?
Funk、Soul、R&Bなどのダンサブルなレコードですね。新しい曲も選びたいと思っています。

——最近の活動や今後のイベント、リリース情報を教えてください。
4月24日にシングルを出します。シングルですけど、13曲入ってます(笑)。5月からは5ヶ月にわたる47都道府県ツアーがあります。全県のレコード屋さんに行けますね(笑)。楽しみです!!

申込者へのプレゼント用のメッセージカードも記入してもらいました。

(※本記事は2019年4月に、PERSONAL BUYERのサイトにて公開されたものです。)
PERSONAL BUYERについての詳細は、こちらをご覧ください。

真行寺貴秋(BRADIO)

真行寺貴秋(BRADIO)
日常の世界(Rule)に、素敵な時間・空間のイメージを加え(Do Image On)、良き変化(Break)を与えるがバンド名の由来であり「日常に彩りを加えるエンターテインメント」をコンセプトに結成された真行寺貴秋(Vo)、大山聡一(G)、酒井亮輔(B)からなるファンキーなバンド BRADIO。『音楽って素晴らしい』を共有したい。 Are You Ready Funky Party People!! 2010年結成。
2017年10月シングル「LA PA PARADISE」でワーナーミュージック・ジャパンからメジャーデビュー。2018年7月に最新アルバム「YES」をリリースし、9月からは全国21都市をめぐるアルバムツアー「YES Release tour 2018〜ORE to OMAE de BOOM BOOM BOOM〜」を開催。2019年5月からは初となる47都道府県ツアーをスタートさせる。

http://bradio.jp/

世界中のレコードを、その手の中に
  • Google Playでアプリをダウンロード
  • App Storeからアプリをダウンロード

関連記事


新着記事

すべての記事をdig!