大槻ケンヂ インタビュー ~PERSONAL BUYER

WRITER
PERSONAL BUYER

——影響を受けた音楽について教えてください。
僕の青春時代の前になりますが、70年代のFolkとかですかね。音楽において歌詞はとても重要だと思っています。少年時代はステレオを持っていなかったので、音楽はあまり聞けなかったですね。父がカセットテープで小林旭をよく聞いていて、それを1番聞いていたかもしれないです。

——レコードについて特別な想いはありますか?
ジャケット文化とか素晴らしいですよね。ジャケ買いはよくしていました。Led Zeppelinの4枚目とか。Fleetwood Macの『噂』とどちらをジャケ買いしようか悩みましたね。あの時に『噂』を買っていたら、僕の音楽性はどうなっていたんだろうと思います(笑)。

——(笑)。他にはお気に入りのレコードはありますか?
冨田勲が音楽を担当していた特撮ドラマ『マイティジャック』や『キャプテンウルトラ』のレコードですかね。猛烈にかっこよい。あとはSimon&Garfunkelの『コンドルは飛んでいく』とかKISSの『地獄の軍団』とかかな。Scorpionsの『Virgin Killer』のジャケットも衝撃でしたね。恥ずかしくて買えなかったですけど(笑)。

——普段はどうやって音楽を聴いていますか?
僕は配信サイトで音楽をダウンロードしたことが1回もないんですよ。やり方も知らない(笑)。ネットが全くわからなくて。未だにリハの音源とかは、CD-Rに焼いてもらって、CDラジカセで聴いていますね。CDウォークマンとかも使いますよ。アナログな人間だと思います。

——最近はどのようなジャンルの音楽を聴いていますか?
Jazzとか、ちょっと古めかしい洋楽とかをラジオで流していますね。家では派手な音楽は一切聞かないです。

——今回は、どういったレコードを選ぶ予定ですか?
プログレかな。Emerson Lake & Palmerの『Tarkus』とかKing Crimsonの『ポセイドンのめざめ』みたいにジャケがかっこいいのも選びたいですね。

——最近の活動や今後のイベント、リリース情報を教えてください。
筋肉少女帯に関しては、昨年にアルバム『ザ・シサ』をリリースしました。
今秋にはアルバムのリリースとツアーを予定しています。

ツアースケジュール
10/20(日)EX THEATER ROPPONGI
11/10(日)名古屋CLUB QUATTRO
11/16(土)大阪BIGCAT
11/22(金)東京LIQUIDROOM
11/27(水)Veats Shibuya

あとはソロプロジェクト 通称“オケミス”こと大槻ケンジミステリー文庫では、アルバム『アウトサイダー・アート』を昨年末にリリースしました。その他ロックバンド“特撮”でも活動していますので是非チェックしてみてください。

筋肉少女帯HP
https://eplus.jp/sf/live/king-show

大槻ケンヂHP
http://www.okenkikaku.jp/

申込者へのプレゼント用のメッセージカードも記入してもらいました。

(※本記事はPERSONAL BUYERのサイトにて2019年7月に公開された記事です。)

▼PERSONAL BUYERの詳細はこちらをご覧ください
【NEWS】新ゲストバイヤーに大槻ケンヂの参加が決定!!

大槻ケンヂ

大槻ケンヂ
1966年東京生まれ。筋肉少女帯のボーカルとして活躍する他、バンド“特撮”、ソロプロジェクト“大槻ケンヂミステリ文庫”としても活動中。 テレビ・映画の出演や小説、エッセイの執筆など多岐に渡る活動を続けている。 2018年にはデビュー30周年記念のアルバム「ザ・シサ」を発売した。

http://www.okenkikaku.jp//

世界中のレコードを、その手の中に
  • Google Playでアプリをダウンロード
  • App Storeからアプリをダウンロード

関連記事


新着記事

すべての記事をdig!