今のミュージシャンを輝かせる音楽を記録した作品。松浦俊夫の審美眼

WRITER
リバイナル編集部

松浦俊夫が注視するミュージシャン。読者プレゼントも。

――では最後に、「今、松浦さんが注視するミュージシャン」をテーマに3組ほど読者にオススメしたいミュージシャンを教えてください。『LOVEPLAYDANCE』に起用したミュージシャンは、もちろんそうだと思うので、それ以外でお願いします。

Mildlife

オーストラリア・メルボルンの4人組。メディアではサイケデリック、インディ・ディスコのような文言で表現されていますが、個人的にはアジムスを彷彿とさせるジャズ・ファンクに聴こえています。この感じは日本でも大いに人気が得られると思います。
https://mildlife.bandcamp.com/album/phase

Sam Gendel

インガ名義で発表したLess But BetterやInc.の作品に参加し、強い印象を残したギタリスト&サックス奏者そしてシンガー・ソング・ライターであるサム・ゲンデル。ここへきて昨年発表したアルバムが日本でもリリースされると知り、嬉しい春になりそうです。
https://samgendel.bandcamp.com/album/4444

Tomer Bar

ここ数年、静かに注目を浴びているイスラエルのミュージック・シーン。その中でも注目すべきは若干23歳のジャズ・ピアニストTomer Bar。驚きなのは昨年日本でも話題になり来日公演を行なったBttering Trioの出世作「Refugee Song」の作者だったこと。

松浦俊夫さんがTOSHIO MATSUURA GROUPでリリースしたEP『I AM BLACK GOLD OF THE SUN / KITTY BEY』(サイン入り)を抽選で1名様にプレゼント。

応募期間:2018年3月16日(金)〜4月6日(金)23:59
応募方法:応募方法は、TwitterでREVINYLのアカウントをフォローして、この記事をシェアするだけ(REVINYLの関連投稿をRTでも可)。応募締め切りは4月6日(金)まで。(当選発表は4月13日(金)を予定。)当選者へのみダイレクトメッセージでご連絡します。
Twitter: https://twitter.com/REVINYL_REVINYL

松浦俊夫

松浦俊夫
1990年、United Future Organization (U.F.O.)を結成。5作のフルアルバムを世界32ヶ国で発表し高い評価を得る。2002年のソロ転向後も国内外のクラブやフェスティバルでDJとして活躍。またイベントのプロデュースやファッション・ブランドなどの音楽監修を手掛ける。2013年、現在進行形のジャズを発信するプロジェクトHEXを始動させ、Blue Note Recordsからアルバム『HEX』をリリース。2018年3月、イギリスの若手ミュージシャンらをフィーチャーした新プロジェクト、TOSHIO MATSUURA GROUPのアルバムをワールドワイド・リリースした。 InterFM897 “TOKYO MOON” (毎週水曜17:00)、Gilles Peterson’s Worldwide FM “WW TOKYO” (第1&3月曜19:00) 好評オンエア中。

世界中のレコードを、その手の中に
  • Google Playでアプリをダウンロード
  • App Storeからアプリをダウンロード

関連記事


新着記事

すべての記事をdig!