HALFBYインタビュー

WRITER
中村悠介(IN/SECTS)

HALFBYの“レコードならでは”のレコード7選

レコードは黒くて丸いだけじゃーありません。後編はHALFBYこと高橋孝博さんに“アナログでこそ”の愉しみがあるレコードを7枚ピックアップしてもらいました。最後の『innn HAWAII』レコードプレゼントにもご注目ください。

■ストック・ハウゼン&ウォークマン「BUY ME」

「いろんなアーティストが“ME”って歌ってる部分だけを集めて片面に42曲、両面で84曲(笑)。これがCDなら、ただいろんな“ME”が流れていくだけだけどレコードだと実際にレコードがループして“ME”が鳴っているのが見える、そこにアナログならではの良さがあると思う。まぁサンプリングの原点というか」

■フリッパーズ・ギター「ヘッド博士の世界塔」

「レコードといえばサンプリング、ということで。そのカルチャーが好きだしヒップホップというか、自分の中でのレコードならではの音楽。当時のイギリスとの同時代性もあってアナログでリリースするためのアルバムといえるくらい。ちなみにフリッパーズ・ギターは高校の時の彼女に教えてもらいました(笑)」

■MONEY MARK「maybe i'm dead」

「犬のシェイプ盤。戌年ということで(笑)。当時マニー・マークはチワワを飼ってたような気がする。CDでは成り立たない雑貨感というか、シェイプ盤を出すのはよりこだわりがある(笑)というか意味の分からんステージに達してる気が」

■Funkmeister「The Debauch Mix」

「これもシェイプ盤。内容はよく分かってないけど多分、下品なことを叫んでるはず(笑)。これは5インチでCDと同じ大きさ。レコードは12インチ、10インチ、5インチあるし回転数も違う。けど同じひとつのターンテーブルで聞ける、というのもあらためていいなと」

■HALFBY「Soulful Lover Puppy」

「シェイプ盤に憧れて。でも内容は5枚目くらいのシングルカットなのでめっちゃ地味。当時これを小山田(圭吾)くんに渡したら“がんばってるな”と言ってくれた思い出があります(笑)」

■Jack de Mello「his orchestra and chorus in concert」

■Prodeced and Directed by Jack de Mello VA「MUSIC OF HAWAII」

「(HALFBYが)ハワイ(がテーマ)のレコードを出したこともあって、これはハワイもの。この人はコンポーザーでハワイのポール・モーリアとかパーシー・フェイスみたいなイージーリスニングのレコードをたくさん作ってた人で。これはレコードならではのボックスセットで、アナログだとより存在感が増していいなと」

次ページ:【限定】HALFBYのサイン入りアイテムをプレゼント!

HALFBY

HALFBY
京都出身在住の高橋孝博によるソロプロジェクト。これまでにメジャーを含む4枚のアルバムをリリースし、すべてのアルバムの楽曲は日々お茶の間のBGMとしてテレビやラジオで延べ10年以上使用され続けている。平日はリミキサー/アレンジャーなどと並走し、アーティストへの楽曲提供から、企業CM、映画音楽などの制作をライフワークに週末はDJとして京都から全国各地へ。2015年には4年ぶりのアルバム「innn HAWAII」をリリースしている。

取材:中村悠介(IN/SECTS)
撮影:原祥子

世界中のレコードを、その手の中に
  • Google Playでアプリをダウンロード
  • App Storeからアプリをダウンロード

関連記事


新着記事

すべての記事をdig!