レコード針に込めたNAGAOKAの想いを 東北の風景と共に映像にしたドキュメンタリー

WRITER
REVINYL編集部

世界シェア9割のレコード針を生み出している「NAGAOKA」のドキュメンタリー映像が、世界的なイベント「レコードストアデイ」に合わせて公開されました。
レコード文化を支えてきたその歴史と、レコード針への揺るぎない想いを工場がある山形県東根市の自然風景と共に綴った映像です。

「Nagaoka : The Documentary」

日本語版 :

Nagaoka : The Documentary / Japanese ver. from Tomorrow at Daybreak Project on Vimeo.

英語版 : 

Nagaoka : The Documentary / English Ver. from Tomorrow at Daybreak Project on Vimeo.

<概要>

アナログレコードを聞くために欠かせないレコード針。
国内外のブランドの「針」は、山形県東根市にあるNAGAOKAの工場でつくられており、世界シェア9割を誇る。

今まで知られてこなかった、東北から世界中のブランドにNAGAOKAの針が提供されていること。
そしてレコードが風前の灯火だった時代でも、赤字覚悟でレコード針を生産し、試行錯誤をしながら会社を存続させてきたこと… …
どんな時代もレコードを愛してきたNAGAOKAの想いを、美しい東北の風景と共に映像にまとめた。






NAGAOKA
https://www.nagaoka.co.jp

NAGAOKAの歴史
https://www.nagaoka.co.jp/profile/history.html

<音楽>

映像の音楽は、今回のために制作したオリジナルのサウンドトラック。
岩手出身・仙台在住、東北から世界で活躍するトラックメーカー・DJ MITSU THE BEATS(ミツ・ザ・ビーツ)と、宮城出身・仙台在住で、世界中の若手音楽クリエイターが集まるレッドブルミュージックアカデミーで日本代表にも選ばれた若手音楽家・nami satoの共作。

映像に合わせてnami satoがピアノの旋律を弾き、MITSU THE BEATSがビートを付けた。
2人とも東北を拠点にするクリエイターであり、今回のテーマへの共感から、はじめての共作となった。

DJ MITSU THE BEATS
http://www.gagle-official.com
https://ja.wikipedia.org/wiki/DJ_MITSU_THE_BEATS

nami sato
https://soundcloud.com/om73
https://www.barks.jp/news/?id=1000160330

<スタッフリスト>

撮影:石塚 淳、佐々木 昭博(CAP)
編集:村上 辰大(UGcrapht)
コピー:清水 チナツ
タイポグラフィ:伊藤 裕
翻訳:Communa Inc.

監督:高平 大輔(www.daisuketakahira.com

音楽:DJ MITSU THE BEATS&nami sato

協力:
NAGAOKA Co.,Ltd.
COFFEE & SESSION PABLO

※全員、東北在住のスタッフで制作しました。

世界中のレコードを、その手の中に
  • Google Playでアプリをダウンロード
  • App Storeからアプリをダウンロード

関連記事


新着記事

すべての記事をdig!