隣人はレコード愛好者(第1回) ~「鍼灸整体院 したらパーソナルケア」北澤望夢先生のレコード愛~。

WRITER
リバイナル編集部

レコード愛。言葉にすると「ああ、レコードが好きな人ね。」と、非常にライトに捉えがちであるが、愛を極めし強者は単に“好き”では表現されることはない。買い方、生活、どこか人とは違うスメルを放ちながら日々レコードと向き合っている(はず)。そして、この世界、いや、あなたのすぐそばに、確実に存在する(はず)。

今回からの連載企画では、“レコードに愛情を注ぎすぎた強者”のレコード愛をインタビュー形式で追いかける。

連載第1回は、鍼灸・整体を本業に、強いレコード愛を育みつづけて20年余り。一万枚近いレコードを保有し、現在もDJとして活動している、したらパーソナルケア “北澤望夢(先生)”さんに、インタビューさせていただきました。
先生、宜しくお願いいたします!

院内がすごくお洒落!ポータブルレコードプレイヤー完備で、北澤先生お勧めのレコードとともに施術を受ける事ができます!

インタビュアー:REVINYL開発担当者:山下慶太(レコード好き)
カメラ:REVINYL新人:宮本涼太(これからレコードを購入?)


レコードがなかったら小西さんと出会えなかったし、出会えたからレコードにのめりこんだ

ー初めに、レコードとの出会いを教えていただけますか?
「18歳くらいですかね。大学に入る前から購入を始めました。」

ーあれ以外と遅い?乳幼児くらいから購入されてるイメージでした。
環境かな。家にレコードプレイヤーがなくて、家族も聞いてなかった。カセットデッキはあったけど。音楽が好きで、CDやテープは買ってたんだけど、レコードは全然買ってなかった。コロムビアのポータブルプレイヤー(コーネリアスモデル)を高校生の時に買っていて、それに合わせてレコードを買ったのが最初。

ー最初に買ったレコードは?
たまたま深夜番組を見てると”BeastieBoys/RootDown”のPVが流れてて、カッコイイ!!って。それが最初のレコードかな。PUNK好きだったし、すぅーっと入ってきて。それが18歳の時。ただその後すぐに、ガツガツとレコードは買わなかったかな。

ーでは、レコードモンスターになったきっかけは?
モンスターって。買い出したキッカケは小西さんとの出会いから。知人がピチカート・ファイヴのスタッフで、小西さんが大阪でDJする際のサポートメンバーで。だから知人に、自分から「お手伝いさせてください!」ってお願いして。実際小西さんと初めて話したのはもう少しあとかな。2000年くらいの京都metroのレディメイドでかな。加速度的に色々なジャンルのレコードをガツガツ購入しだしたのは小西さんとの出会いが大きい。レコードがなかったら小西さんと出会えなかったし、出会えたからレコードにのめりこんだ。

自身でイベントを主催、小西さんも出演した“竜王戦”
メンバーもレコード愛に溢れた(非常に)濃いレコードに狂っているメンツ!
次回は、2018年1月27日予定とのこと。
レコード愛好者の皆さん、是非遊びにいきましょう!

バイナル購入用の“スパコン”が常に稼動している。

ーそこからレコードの“爆買い”を開始されたわけですね。にしても、一万枚も買おうと思うと・・・お金と時間がすごくかかっちゃいそうですね。
お店で買うこともあれば、フリーマーケットや100円レコードを掘ったり、まとめて買ったりすることもあったね。ただ、爆買いというほど、一気には買ってなかったかな。

ーフリマとかでも買われるんですね。他にも変わった場所での購入ってありますか?
京都に住んでたときに北野天満宮の「天神さん」とか行ってたかな。
変わった場所だと、某駅付近なんだけど、イベント帰りの朝方5時くらいにお店が出始める場所があって、所謂“ガラクタ市”。海外のレア盤とかが手に入るわけではないけど、国産物の7インチや帯付きとか、結構、面白い盤が見つかることもあった。

ーそれは、ディープですね。(行こうかな)
今もやってるんじゃないかな。しかも、そういうところで「均一いくら」で抜いたレコードって、二度と手に入らないことが多いんですよ。オークションで売っちゃって後悔したこともしばしば。

ー他には?リサイクルショップとかですか?
大型のリサイクルショップは掘り起こされてて、むしろ、レコードショップなんだけど、地方でWEBを展開していないショップがいい。青森とかも良いレコード屋さんがあった。

―なるほど、都市部は勿論ですが、地方のレコード屋さんは確かに足を運びたいですね。そういった場所で爆買いされてるんですね。
爆買いはしてないよ!買い方は超冷静。内容は重視したうえで、例えば飽きて売るときの価値も考えながら買うとか。100円盤を買うときも冷静に価値があるかは判断するよ。

ー頭脳派DIGGERですね。傍から見たら衝動買いに見えそうですね。
そうそう、でも常に“バイナル購入用のスパコン”が常に稼動してるので、実はインテリな買い方をしてると思う。

ーCoolですね!もっと泥臭くさくて、“変態じみた(良い意味ですよ!)”レコード愛とかってありませんか?例えば、「自分の好きなレコードを聴きながらだと、何杯でもご飯が食べれる」とか、「レコードと添い寝したり」「奥さんとレコード(artist)の名前を間違えたり」とか。
ないよ!さすがに!

ーそりゃそうですね。大変失礼しました。

レコード聴きたければ、まずは、ショップ!
体を治すならば施術を受けに来るのと一緒!

ー竜王戦、FUJIROCKや朝霧JAMの出演等、DJ活動もされてらっしゃいますが、本業との棲み分けは?
ご縁を貰っていろいろやらせてもらってます。FUJIROCKは、主催のSMASH関係者との繋がり。そこからのご縁で朝霧JAMも。鍼灸・整体の仕事も、レコードも両方好きだし、両立はしていきたい。それぞれ完全にバラバラじゃなくて、今のDJ活動からのご縁で本業につながったりもあるよ。DJ活動で知り合ったアーティストの方々を治療したり。

朝霧JAMでのDJ PLAY

介護施設で“懐かしの音楽”かけることも。

ー繋がってますね!本業がレコードに関連しない方にも勇気が与えられた?かと!
最後に、レコードに興味を持ってこれからレコードを買う方々に一言!

とにかく、まずレコードに触れること。ネットは便利だけど、直接触れることが大事だと思う。レコードって聴く人の好きな音楽の世界を思う存分反映させられるものだから、自分の好きな世界を追求して欲しい。それが、レコードショップで出来ると思う。レコード聴きたければ、まずは、ショップ!体を治すならば施術を受けに来るのと一緒!
あと、お店で掘り出すときは丁寧に!

ーお!いいですね、良い流れなので、本業のご紹介を!
体の根本から、その人が気づいていない原因を探って施術する。そこが一番だと思う。
うちは、原因が分からない疲れや痛みがある方には力になれる、楽しくらくな気持ちで来てもらえる治療院です。レコードを聞きながらでも治療させていただきます!

ーでは、そこでお勧めのレコードたちのご紹介を!

RANNY SINCLAIR / ANOTHER AUTUMN(LP)
60年代に4枚だけシングルを残した、ラニー・シンクレアというシンガー・ソング・ライターのレコード。2017年になり初めてLP化されました。60’〜70’s初期の音楽が好きな方にはどストライクな音。DJ向きのキラー・チューンもあり。なにより、当時のレコード・ジャケットをモチーフにLP化されているのが素晴らしい!ラニー、美人です(笑)シングル曲もバッチリ収録!"今買うべき新譜"はこれだと思います。

VASHTI BUNYAN / Just Another Diamond Day(LP)
ヴァシュティ・バニヤンのファースト・アルバム。このLPは、小さな音で通して聴くのがオススメ!
所有しているのは再発盤ですが、オリジナル盤は、レコード・コレクターの中でも高嶺の花的な一枚。今でも30万円くらいするのでしょうか?
京都でご本人のライヴを拝見したときにサインをいただいた想い出があって。
名前を間違えられたまま、サインをいただいたエピソードがあります(笑)
ライヴもレコードの感触のまま、厳かで優しい雰囲気でした。
いつか、オリジナルを買うことを目標に仕事を頑張ろう!と思わせてくれる一枚です。

THE WOODEN GLASS featuring BILLY WOOTEN / THE WOODEN GLASS RECORDED LIVE(LP)
治療院でかけるようなアルバムではないですが(笑)、個人的に思い入れのある一枚。
ヴィブラフォン奏者のBilly Wootenが参加したアルバムで、実はサインが入っています。サインは、ビリーさん本人からではなく、同アルバムに収録された「In The Rain」をサンプリングしたMADLIBが来日した際にサインを頂きました。
当時、日本企画でしか再発されておらず、MADLIBら"STONES THROW"クルーが、目の前にある再発盤を見てビックリしていた、という想い出深い一枚です。

平岡精二セクステット+ストリングス / ムーンライト・セレナーデ(10")
ビブラフォンつながりで。日本のヴィブラフォン奏者の平岡精二さんが60年代初頭に出した優雅なアルバム。まったり施術を受けながら堪能していただくにも申し分ありません。タイトル曲「ムーンライト・セレナーデ」も良いですが、ラテン調の 「月影で踊ろう」もグレイト!

O.S.T.(田辺信一) / 獄門島(LP)
音楽は田辺信一さん。横溝正史さんと市川崑監督が手がけた作品が好き。どの映画も音楽がカッコよくて、バリバリのJAZZだったり、イタリアのサントラみたいな曲もあるけど、獄門島(ごくもんとう)は、とりわけ綺麗な曲が多いと思う。
タイトル、ジャケット的に、治療院では流しにくいですが(笑)気に入っているサントラです。

ARE YOU LOOKING FOR SOMETHING?(7")
最後にキラー・チューンをご紹介。新宿の伊勢丹にオープンしたショップのノベルティー・レコードで非売品。小西康陽さんから直接いただきました。Aサイドが小西さんが手がけた楽曲、B面が友人の渡辺康成くんが以前に手がけた楽曲のエディット。両面共にサンプリング・ソースが盛りだくさんで、全部わかった人は相当なレコード・オタク! 内容の素晴らしさは勿論ですが、ジャケットがお馴染みの紙袋柄というニクい仕様も素敵すぎます!

ー盛りだくさん!ありがとうございます!!何枚かください!
駄目です!

おしまい。

(総括)
実は、北澤先生は、私(インタビュアー)の大学時代からのお知り合いなのですが、私の中の、北澤先生は、経験・知識ともに、もの凄くて・・・
“レコードをおかずにご飯が食べれるタイプ”のコレクターだと思っていました。
(むしろそんな人に会ってみたい。)
今回のインタビューで、本業、DIG、DJと、バランスのとれたライフスタイルをされてらっしゃる大人のレコードコレクターだと、認識を改めました。失礼いたしました!
(まあ、瞬時にレコードの評価を下す“バイナルスパコン”をもっている人は少ないですけどね。)

院内でインタビューさせていただきましたが、最高の音楽とともに施術いただける、他に無い治療院です!体に不調をお抱えの紳士・淑女の皆さま、是非「したらパーソナルケア」へ!

長々とインタビューにお付き合いいただきありがとうございました!
また、別企画(レコードをおかずに白ご飯食べる企画とか・・・)にもご参加いただけますと幸いです。

次回はどんなレコードモンスターと出会えることでしょうか。
See you again!


「鍼灸整体院 したらパーソナルケア」

URL: http://shitarapc.com/
住所:〒540-0010 大阪府大阪市中央区材木町3-15 リバーライズ本町101

院の紹介
長年解決しないままでいる、肩こり・腰痛・頭痛から自律神経の乱れから起こる、不眠・耳鳴り・目まいなど、あらゆる痛みや不調を根本から解決する施術を行っています。その人だけの不調の原因を大切に読み解き、カラダの芯から楽になるサポートをしています。

先生からのメッセージ
鍼灸治療は、体にとって自然で、根本から症状を解決できる優れた治療法です。その反面、どのような治療なのか、何に効くのかよくわからない、という声も伺います。
症例別にページを作り、当院の考える原因や治療法を記載しています。
気になる症状がございましたらご拝読いただけますと幸いです。
当院では、治療行為は信頼関係のうえに初めて成り立つものだと考えています。
ホームドクターのように、あなたの専属の治療家として心と体の健康づくりを全力でサポートさせて頂きます。
ご縁を頂いたクライアントさま、一人一人のお役に立てるよう精進してまいります!

世界中のレコードを、その手の中に
  • Google Playでアプリをダウンロード
  • App Storeからアプリをダウンロード

関連記事


新着記事

すべての記事をdig!