日本人が経営したNYのレコードショップWeekend Recordsと永友慎の物語【第2話】

WRITER
REVINYL編集部

 今からおよそ20年前。一人の日本人がニューヨークはブルックリン・ウィリアムズバーグでレコードショップをオープンさせた。今でこそブルックリンで一番お洒落な地区とも言われているが、当時はジュリアーニ市長の政策によって劇的に治安が回復したとはいえ、まだ注射器が転がっていたり娼婦がいたりと、そんな時代だ。
 わずか6帖のレコードショップだが、DJシャドウ、カット・ケミスト、ケニー・ドープなど、一流のDJたちが来店。みんなに愛されるも、3年で閉店。しかし、そのころの話は今も語り継がれ、彼の話に音楽ファンは目を輝かせる。

 その日本人の名前は永友慎さん(通称ひよこさん、MAKKOTRON。47歳、宮崎県出身)。日本に帰国し下北沢でもレコードショップをオープン。ひよこレコードからWeekend Recordになり、現在はUpstairs Records & Barを営んでいる。この連載は、彼の証言で綴った、Weekend Recordsと永友慎さんの物語である。

ニューヨークはブルックリン・ウィリアムズバーグでレコードショップをオープンさせた永友慎さん。オープンして間もなく、とくにヒップホップ界隈で有名な音楽ライターのデイヴ・トンプキンスや、あのDJシャドウなどが彼のレコードショップを気に入り、Weekend Recordsの名前は徐々に広がっていく。そして日本にもWeekend Recordsの名前は届くことになる。

「relaxに出たのも大きかったですね。あれで日本人がたくさん来てくれました。あと、一緒に仕事しませんか?っていう怪しい人もいっぱい来たな(笑)」

――あのrelaxにも出たんですね!
「relaxの編集長は、日本にいるころから知ってたんですよ。ファッションショーがニューヨークであって、relax編集長とFPMの田中さんが一緒に来てて、会うことになったんです。レコード屋を始めたことを伝えると“取材させてよ”ってなって。記事は田中さんが書いてくれたんです。田中さん、時期は被ってないんですけど、関西の出版社の先輩だったんですよ。その記事がrelaxの巻頭を飾って反響がすごくて。当時、relaxを知らなかったから、すごい雑誌なんだって思いました。あとi-Dにも出てたらしいんですね。イギリスから来たお客さんがいて、なんで来たの?って聞いたら“i-Dを見た”って。当時、英語があまり喋れなかったから、取材されてるのにも気づかなかったんだと思います。変わったお店だったから写真はよく撮られていましたし」


永友さんが在籍していた出版社の雑誌『Meets Regional』。


『relax』Weekend Recordsが紹介されていた号。

――(そのrelaxを見て)内装もかっこいいし、パッと見たときに時代感を感じませんね。最近って言われてもおかしくない。メディアはどういったところに興味をもったんでしょうね?
「俺が知りたいですよ。今も同じことやっているのに(笑)。セレクトに気をつけてたんですかね。どこにもないようなセレクト…、それは今も気をつけてますが」

――どこにもないようなセレクト…?
「評価されていないレコードを探して売ることですね。それこそポール・Cも当時現地では評価されていなくて。でも、自分が好きなものは絶対売れると思ってました。俺がここまで好きなんだから、ほかにも同じくらい好きな人は絶対いるはずだって」

――たしかに。
「好きで集めたものを売ってお金を儲けられるのって最高でしょ!それは楽しくてしょうがない。当時は天職だと思いましたよ。なんでもっと早くレコード屋をやらなかったのかって。大金にはならないけど、好きじゃないものを売って大金を得るよりも楽しいですよ。ネットが一般的じゃなかったから、情報がない分お客さんとコミュニケーションが取れたし、それで仲良くなれるし。そんな場所だったからレコード屋は面白かった。今はネットで調べられるしネットで買える。お店で売ってる方は、取り付く島がないなと思います。むかしは、異常に詳しい店員がいたり、その店員がプッシュするとヒットにつなげられる名物店員がいましたよね。そんな夢がある話はなくなりましたよね」

――ニューヨークにいたころ、日本の情報は入ってきました?
「入ってきましたよ。日本の相場とか分かっているのに、“これ日本では安いんですよ”とか、明らかに嘘つくディーラーとかいて、それにはすげ〜腹が立ちました。ほんと何回もあったんですから! 当時、日本で3万円くらいで売られているレコードをうちでは30ドルくらいで出してたんですよ。それで高いって言われて、ぼくも日本の値段知ってるからカチンってきて。そういう人には絶対売らなかった。そういうことでレコードを売らない人って噂も流された。こっちはその値段で喜んでくれる人に売りたいだけなのに」

新年会でラシャード・スミスがDJ !?

――Weekend Recordsの最終日は覚えていますか?
着の身着のままで急いで帰った覚えしかないんですよ。取れるはずのビザが取れなくて、3ヶ月以内で出て行けってことになって、パニック。だから、最後にパーティーなんてこともまったくできず…。違う日なんですけどパーティーって言えば、面白いことありました。

――何ですか?
「お店で友人たちと新年会をやってて書初めとかしてるところに、友人のラシャード・スミスが来てDJしてくれたんです。付き人を連れて。付き人は、ず〜っと立ってるだけでしたね(笑)。ラシャードとは、飲みに行ったりしていましたよ。今はふたりともお酒をやめちゃいましたが(笑)。去年の来日には会えなかったな〜。もう10年も会ってないな〜」

――エリカ・バドゥのバックDJで去年来日していましたね。
ラシャードは本当にナイス・ガイ! ノトーリアス・B.I.G.やトライブのプロデュースもしたし、パフ・ダディの片腕だったし才能あふれる人でもありますよね。エリカ・バドゥとも昔からやってたけど、初期のころの作品はあまり売れなかったんですよね。だから今、当時の中古盤が高いんですけどね。

――次は日本に帰ってきてからの話を聞こうと思いますが、その前に。Weekend Recordsをオープンしたのが30歳ごろなんですよね。不安はありませんでしたか?
「不安? あるわけないですよ(笑)。なんとかなると思ってたから。死の恐怖もなかった。でも今は、何かやるにしても、長いタームで考えたときに死も入ってくるようになっちゃいましたね。」

第3話に続く

★バックナンバー
第1話はこちら

 

永友慎

永友慎
宮崎県出身。47歳。下北沢にあるUpstairs Records & Bar店主。2000年代初頭にニューヨークはブルックリンのウィリアムズバーグでレコードショップWeekend Recordsをオープン。同店は、DJシャドウ、カット・ケミスト、ケニー・ドープなど、一流のDJたちが訪れるレコードショップとして話題になる。日本に帰国後は、下北沢でひよこレコード、Weekend Recordsを展開。現在にいたる。

取材・文:REVINYL編集部
写真:則常 智宏

世界中のレコードを、その手の中に
  • Google Playでアプリをダウンロード
  • App Storeからアプリをダウンロード

関連記事


新着記事

すべての記事をdig!