サイン蒐集家ゴベの『サイン入りレコード A to Z』番外編 2019年のベスト5

WRITER
五辺宏明

レコード&昭和プロレス愛好家のゴベと申します。新年おめでとうございます!
例年通り、2019年にリリースされたサイン入りレコードのベスト5を選んでみました。

2019年のベスト5

その前に、まずはこちらを。


WRENCH『weak』CD


BB『BLACK BABEL』CD

CDを聴く習慣がほとんどない私が昨年聴きまくった2枚の大傑作。CDのみのリリースの為、選外とさせていただくのが心苦しいです。どちらもアナログ化を熱望!
そして2019年のMVPは、両アルバムでギターを弾いている坂元東氏に決定。

それではベスト5の発表です。前年同様、順位は付けてません。
(あくまでサインを入れてもらうことに成功した作品を選んでます)


PELICAN『NIGHTTIME STORIES』LP

TREVOR SHELLEY de BRAUW、BRYAN HERWEG、LARRY HERWEG、DALLAS THOMAS
2019年12月9日 @新代田フィーバー

PELICANというバンドのジャパンツアー最終日にBBと元envyの飛田雅弘氏(*)が出演することを知り、試しに新作を購入してみました。このバンドに関する予備知識は皆無。「12月にBBと対バンするバンドってペンギンだっけ?」と言って友人に失笑されましたからね(笑)
結果的にアルバムは愛聴盤になり、ライブもばっちり楽しめました。

*飛田氏はENDONの宮部幸宜氏とのデュオで出演。



OUTRAGE「Axe Crazy」7"

橋本直樹、阿部洋介、安井義博、丹下眞也
2019年5月18日 @渋谷カットアップスタジオ

近藤幸二郎
2019年5月18日 @御天

ライブイベント参加券+非売品Tシャツ付きの「SOUND HOUSE SET」と、パッチ付きの「MARQUEE CLUB SET」の2形態で販売されたタワーレコード限定の7インチ。AB面どちらもNWOBHM(New Wave Of British Heavy Metal)シーンで活動していたバンドのカバーですが、2曲とも余裕でオリジナル超え。ヴォーカルの迫力が違います。橋本直樹さんが歌ってるんですから当然ですね。
(A面のオリジナルはJAGUAR、B面はANGEL WITCH)



JUNKO ONISHI presents JATROIT『Live at BLUE NOTE TOKYO』LP

大西順子
2019年9月22日 @六本木アルフィー

大西順子さんがデトロイト出身のROBERT HURST (b)、KARRIEM RIGGINS (ds)と共演した昨年2月のブルーノート公演を収録したライブ盤。
LPのライナーには「Recorded on February 16-18, 2019, at Blue Note Tokyo」としか記載されてません。私が観に行った2月17日の2nd.ステージのテイクは採用されているのでしょうか?



RHYMESTER「予定は未定で。」7"

DJ JIN、宇多丸、Mummy-D
2019年11月24日 @恵比寿リキッドルーム

結成30周年を迎えたRHYMESTERのアニバーサリー企画として発表されたシングルのアナログ盤。
メンバー3人のサインを同じ日に入手したのはこの7インチが初めて。そもそも3人のサインが揃うことも稀です(多くの場合、友人であるJIN君のサインを入手しておしまい)。

宇多丸さんが書いてくれた宛名が「コベさん」になっていたので、数日後にJIN君と会った際に濁点を入れてもらいました。プロレスのツープラトン攻撃みたいなものです。ジャイアント馬場の連続試合出場記録を止めたハンセン&ブロディのツープラトンパイルドライバー的な。
(1984年4月25日 横浜文化体育館のスタン・ハンセン&ブルーザー・ブロディ vs ジャイアント馬場&ドリー・ファンク・ジュニア戦)




OAU『OAU』LP

KOHKI、MAKOTO
2019年9月20日 @タクティクスレコーズ

MARTIN、KOHKI (insert)
2019年10月9日 @幡ヶ谷リバーススタジオ

TOSHI-LOW、RONZI
2019年11月10日 @恵比寿リキッドルーム

KAKUEI
2019年12月5日 @東京国際フォーラムホールC

バンド名義をOVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUNDからOAUに改め、5年振りに発表されたフルアルバム。ドラマと映画の主題歌をカップリングして先行カットされたシングル「帰り道 / Where have you gone」の2曲を収録した今作はめでたくLPも発売されました。OAUの初LPです。これまでにリリースされたアナログ盤は『夢の跡』の10インチと前述した「帰り道 / Where have you gone」の7インチのみ。残りの作品もアナログ化して欲しいところです。

REVINYLの「パーソナルバイヤー」という企画に参画していただいたKOHKI君のインタビューを担当させてもらったことも嬉しい出来事でした。OAU、BRAHMANファンはもちろん、レコード愛好家の皆様にも御覧いただけましたら幸いです。

https://revinyl.info/personalbuyer/kohki.html

五辺宏明(ゴベ ヒロアキ)

五辺宏明(ゴベ ヒロアキ)
レコード&昭和プロレス愛好家。 ライブハウスやクラブに足を運び、レコードにサインを入れてもらうことに喜びを感じる生き物。 そんなサイン入りレコードにまつわるアレコレをA to Z順に綴る。 ちなみに、生まれて初めてサインをお願いした有名人は故ジャイアント馬場氏。 (でも本当は80年代の新日&UWF派。好きなレスラーはブロディ、藤波、小林邦昭、後藤達俊、阿修羅原!)

世界中のレコードを、その手の中に
  • Google Playでアプリをダウンロード
  • App Storeからアプリをダウンロード

関連記事


新着記事

すべての記事をdig!