サイン蒐集家ゴベの『サイン入りレコード A to Z』第75回 ZEITLICH VERGELTER

WRITER
五辺宏明

レコード&昭和プロレス愛好家のゴベと申します。
3巡目もなんとかZに辿り着きました!(QとXが抜けていることは御内密に)

第75回 ZEITLICH VERGELTER

日本初のインダストリアルバンドと言われているZEITLICH VERGELTERを御存知でしょうか? 80年代中頃、マニピュレーター兼ベーシストの石川忠氏とヴォーカリストのNEU氏を中心に活動していたバンドです。石川氏は塚本晋也、三池崇史の監督作品の映画音楽を手掛けたことでも知られています。
残念ながら私はZEITLICH VERGELTERに関する知識がほとんどありません。そんなバンドを取り上げることになった理由は(Zから始まるアーティストのサイン盤が少ないということもありますが)、私が所属する柔術チームの代表を務めるIida氏がZEITLICH VERGELTERに在籍していたからです。未見ですが、2018年12月にDOMMUNEで配信された『トリビュート石川忠』(前年12月21日に亡くなった石川氏の追悼番組)にも出演したそうです。
なお、ウィキペディアにはZEITLICH VERGELTERの読み方が「ツァイトリッヒ・ベルゲルダー」と記載されていますが、「ツァイトリッヒ・ベルゲルター」が正式な読み方になります。当時のメンバーが言っているので間違いありません。

ZEITLICH VERGELTERがトランスレコードからリリースした7インチを掲載しておきましょう。Iidaさんからいただいたものです。


ZEITLICH VERGELTER「Schlagen / Dimension」7"

Iida
2018年12月20日 @都内の某居酒屋

総合格闘技のアマチュア大会に出場していた仲谷大吾という練習仲間がブラジリアン柔術の大会に出るようになったのは2000年くらいだったと思います。現在、奄美ブラジリアン柔術クラブの代表を務めるダイゴは当時、BOREDOMSの山塚アイ氏と結成した1(ONE)というハードコアバンドでドラムを叩いていました。元々はライブハウスで知り合った友人です。私はそれまでブラジリアン柔術の大会が日本で行われていることを知りませんでした。高校の部活で柔道をやっていた為、道着を着用する柔術は総合格闘技以上に惹かれるものがあり、意を決してダイゴが参加していた柔術サークルに入会することに。
高校卒業後に上京してから知り合った友人達は音楽好きばかりだったので、職場以外で音楽を聴かない人と接する機会がほとんどなく、最初のうちはサークルの皆さんと打ち解けられずにいました(元々参加していた格闘技の練習会のメンバーはミュージシャンやライブハウスに顔を出しているような人間が多かったので)。しかし、基本的には図々しい性格なので数週間後にはサークルの雰囲気にも慣れ、仕事や柔術以外の趣味のことも話すようになりました。ありがたいことに音楽好きも数名いて、その中の一人がIidaさんです。そのサークルは無くなってしまいましたが、Iidaさんとはその後も一緒に柔術を続けていて、クラブやライブハウスに遊びに行くことあります。

以前、我々が所属する幡ヶ谷再生大学格闘部東京木曜會のメンバーによるDJイベントを不定期で開催していました。TOSHI-LOW(BRAHMAN / OAU)COCOBATTHE NEATBEATS、DEMONS、Girasoul、SHRINEといった木曜會メンバーが在籍するバンドにライブをお願いしたり、RHYMESTERのDJ JIN君に参加してもらったり。またいつか開催したいと思いますので、その際はよろしくお願いします。
ちなみに、2012年から木曜會の練習に参加しているDEMONSのKIYOTOは、ZEITILICH VERGELTERのライブを何度も観たことがあるそうです。20年以上前に同じ空間にいたKIYOTOとIidaさんが一緒に柔術をやってるんですから。不思議な縁ですね。

昨年末にZEITLICH VERGELTERの未発表ライブ音源が2019年の夏にリリース決定というアナウンスがありましたが、まだ発売されていません。Iidaさん曰く「音源自体の作業は終わっている」とのこと。ファンの皆様、もう少々お待ちください。

五辺宏明(ゴベ ヒロアキ)

五辺宏明(ゴベ ヒロアキ)
コード&昭和プロレス愛好家。 ライブハウスやクラブに足を運び、レコードにサインを入れてもらうことに喜びを感じる生き物。 そんなサイン入りレコードにまつわるアレコレをA to Z順に綴る。 ちなみに、生まれて初めてサインをお願いした有名人は故ジャイアント馬場氏。 (でも本当は80年代の新日&UWF派。好きなレスラーはブロディ、藤波、小林邦昭、後藤達俊、阿修羅原!)

世界中のレコードを、その手の中に
  • Google Playでアプリをダウンロード
  • App Storeからアプリをダウンロード

関連記事


新着記事

すべての記事をdig!