サイン蒐集家ゴベの『サイン入りレコード A to Z』第52回 BB

WRITER
五辺宏明

レコード&昭和プロレス愛好家のゴベと申します。
今回は、20歳の頃からずっと憧れ続けるあの方が在籍するバンドです。
(初めてCOCOBATを観たのが1991年11月だから、もう27年前か・・・)

第52回 BB

DISARRAY、COCOBAT、BACKBONE、DESSERTでヴォーカルを務めていたRYUJIさんが新しいバンドを組んでスタジオに入っているという噂を耳にしてから数年。彼等が公の場に現れたのは2012年の夏でした。

2012年8月19日
新代田フィーバーでBBの初ライブ。

RYUJI (vo)
坂元東 (g) - WRENCH
駒村将也 (b) - MINOR LEAGUE
広野与一 (ds) - MINOR LEAGUE

張り詰めた空気を切り裂くような鋭さと重くうねるグルーヴに圧倒された聴衆は声を上げることもできません。まるでグランド中心の攻防を固唾をのんで見守る初期パンクラスの観客のように。いわゆる「シーン現象」です。
ここまで書いてふと気づきましたが、初めて観たBBのライブは、初期パンクラスの衝撃に似ていたように思います。新しい表現に出会ったという意味で。

2018年9月
ある日、BB & COCOBATフリークのMさんから嬉しい知らせが。2017年にCDのみでリリースされたBBとREDSHEERのスプリット盤「In The Beginning Of Noise Slaughter」が7インチ化するというのです。しかし、喜んだのもつかの間。ダイレクトカッティングされたこの7インチは僅か50枚の限定盤で、しかも入手できるのはライブ会場の物販のみ。長年抱えている身体の故障が悪化し、数年前からオールスタンディングのライブハウスに行けなくなっていた私には非常に厳しい状況です。しかし、そう簡単に諦めることはできません。ネットで情報を集めたところ、販売されるのはREDSHEERが出演する9月15日の東高円寺二万電圧と、BBが出演する9月20日の池袋手刀(チョップ)の2会場。ラッキーなことに手刀の経営者であり、DEMONSというバンドでヴォーカル&ギターを務めるKIYOTOは、私が所属する柔術チームのメンバーです。KIYOTOに頼み込み、当日椅子を用意してもらうことに。
7インチは事前に予約が必要ということだったので、BBでギターを弾いているキュー君(坂元東氏)に連絡を取り、予約をお願いしました。

2018年9月20日
手刀に入場し、久々にキュー君と再会。「みんな(WRENCHのメンバー)が心配してるよ」と、ありがたい言葉を頂戴して泣きそうに。
そしてすぐそばの物販には、憧れのRYUJIさんが。7インチを予約した旨を伝えると、「ゴベ君、久しぶり。KIYOTOから聞いたけど腰、大変なんだって? 」などとこれまたありがたすぎる御言葉を頂戴して恐縮&大興奮。「嘘! マジかよ! RYUJIさん、オレのことを認識してるじゃん!」と舞い上がってしまいました。だって、この世で一番緊張してしまう憧れの人なんですよ! アントニオ猪木や前田日明以上に緊張してしまう存在なんですよ! 完全に理性を失った私は、RYUJIさんにサインをお願いするという、普段だったら絶対にできない行動に出てしまったのです。しかし、RYUJIさんは快く応じてくれました。
(入店する前に瓶ビールを2本空けてきて大正解。素面じゃ絶対に無理なので。過去に一度だけサインをお願いしたことがありますが、心臓が止まってしまうのではないかと思うくらい緊張しました。清水寺から飛び降りる覚悟とは、ああいう状態のことを言うのでしょう。詳しくはCOCOBAT / DOOMの回を御参照ください)

キュー君にもサインを入れてもらい、対バンの出番が終わったところで、遂にBBが登場! 数年前に観た時よりも凄みを増していたBBのパフォーマンスに酔いしれました。RYUJIさんの存在感たるや!

終演後、リズム隊の駒村将也さん、広野与一さんにもサインを入れていただき、キュー君やMさんと旦那様のHさんと談笑しているところにRYUJIさんも合流。BBのライブに長年通っているHさん・Mさん御夫婦とRYUJIさんが親しく話している中に御一緒させていただき、なんとそのまま打ち上げに参加するという夢のような展開に。


BB / REDSHEER「In The Beginning Of Noise Slaughter」7"

RYUJI、坂元東、駒村将也、広野与一
2018年9月20日 @池袋手刀

RYUJIさんにはCOCOBATのレコードにもサインを入れていただきました。
1993年12月18日、ロフトのステージ上でRYUJIさんに回し蹴りを食らい、会場の隅で悶絶していた25年前の私に教えてあげたいです。
(詳しくは『ドーナツマガジン』のCOCOBATの回を御覧ください)




COCOBAT『STRUGGLE CRUNCH』LP

TAKE-SHIT
2001年10月28日 @新宿ロフト

RYUJI
2018年9月20日 @池袋手刀

更に、打ち上げの際に御天(GASTUNK、DOOMのドラマー、PAZZさんのお店)の話になった流れで、RYUJIさんとHさん・Mさん御夫婦と一緒に御天に行くことに。飲みの席での口約束なんて実現しないことの方が多いので半信半疑でしたが、話はトントン拍子に進み、あっさり実現してしまったのです。
緊張する我々に優しく接してくれたRYUJIさん。おかげで酒も進み、結果的には朝までコース。幸せすぎます!

この日、DISARRAYのコンピレーション盤をRYUJIさんから購入させていただき、サインを入れてもらいました。


DISARRAY『1982 - 1986』LP

RYUJI
2018年10月26日 @御天

そして遂に、BBの1st.フルアルバムがリリース決定! CDだけどもちろん買います。
(アナログ盤も出していただけたら最高なんですけどね)

BB『BLACK BABEL』CD
Daymare Recordings
2019年3月6日発売
2,592円(税込)

五辺宏明(ゴベ ヒロアキ)

五辺宏明(ゴベ ヒロアキ)
レコード&昭和プロレス愛好家。 ライブハウスやクラブに足を運び、レコードにサインを入れてもらうことに喜びを感じる生き物。 そんなサイン入りレコードにまつわるアレコレをA to Z順に綴る。 ちなみに、生まれて初めてサインをお願いした有名人は故ジャイアント馬場氏。 (でも本当は80年代の新日&UWF派。好きなレスラーはブロディ、藤波、小林邦昭、後藤達俊、阿修羅原!)

世界中のレコードを、その手の中に
  • Google Playでアプリをダウンロード
  • App Storeからアプリをダウンロード

関連記事


新着記事

すべての記事をdig!