サイン蒐集家ゴベの『サイン入りレコード A to Z』番外編 2018年のベスト5

WRITER
五辺宏明

レコード&昭和プロレス愛好家のゴベと申します。新年おめでとうございます!
こんな稚拙なコラムに目を通してくださる皆様のおかげで、なんとか2巡目を終えることができました。心より感謝申し上げます。

今回は久々の番外編です。昨年同様、個人的な2018年リリース盤のベスト5を選んでみました。お付き合いください。

2018年のベスト5

その前に、まずはこちらの2枚を。


BB / REDSHEER「In The Beginning Of Noise Slaughter」7"

RYUJI、坂元東、駒村将也、広野与一
2018年9月20日 @池袋手刀

BBとREDSHEERのスプリット7インチ。なんと限定50枚です。
BBの"Rise"がめちゃくちゃカッコ良くて聴きまくってるんですけど、こちらは2017年にCDでリリースされたスプリット盤を昨年アナログ化したものなんですよね。2018年のランキングに入れるのってどうなの? と思い、泣く泣く外しました。

続いてこちら。


Ellie『STAY GOLD』CD

2018年7月15日 @渋谷JZブラット

元Love TambourinesのEllieさんが11年振りに発表したミニアルバム。内容はもちろん最高で、ライブで何度も聴いた愛着のある楽曲ばかりです。本来ならば余裕でランクインする作品なんですが、残念ながらリリースされたのはCDのみ。レコード専門の『ドーナツマガジン』に載せる訳ですから、やはりアナログ盤が存在しない作品を入れるのはちょっと気が引けます。
ということでVIVID SOUND様、アナログ化を御検討ください。

それではベスト5です。あえて順位はつけませんでした。


SLY & ROBBIE meet NILS PETTER MOLVAER feat EIVIND AARSET and VLADISLAV DELAY『NORDUB』LP

SLY DUNBAR、ROBBIE SHAKESPEARE、NILS PETTER MOLVAER
2018年9月18日 @ブルーノート東京

唯一ランクインした海外作品は、ジャマイカ最強のリズム隊と北欧ジャズミュージシャンとの共演盤です。
ブルーノートで観た来日公演も素晴らしい内容で、昨年観た海外アーティストだとLeROY HUTSON、DR. LONNIE SMITH、EXCELと並ぶ満足度。
優れた演奏を生で聴くと、音源もそれまで以上に良く聴こえることがあります。このレコードはまさにそのパターン。
(ジャズメンとレゲエミュージシャンの共演盤といえば、NAT BIRCHALL meets AL BREADWINNER featuring VIN GORDON as DON D Jr『SOUNDS ALMIGHTY』も甲乙つけがたい充実作でした。どなたか彼等を日本に呼んでくれませんかね?)



envy『alnair in august』7"

深川哲也
2018年12月4日 @恵比寿リキッドルーム

中川学、河合信賢
2018年12月4日 @恵比寿の居酒屋

2月に飛田雅弘氏と関大陸氏が脱退し、4月に深川哲也氏が復帰。以降、頭の片隅でずっとenvyのことを考えていた気がします。
深川氏が復帰してから初めて観に行った「LAST WISH Tour」(12月4日)の物販で販売されたこの7インチの曲はライブでも披露されました。
いろいろ思うことはあるけれど、それでも素晴らしいライブだったことは間違いなくて。
envy、そして飛田氏と関氏のこれからの活躍を祈念いたします。



BRAHMAN『梵唄 -bonbai-』LP

KOHKI
2018年2月3日 @我が家

TOSHI-LOW、MAKOTO、RONZI、細美武士
2018年2月9日 @都内某所

5年振りに発表されたBRAHMANのニューアルバム。
発売日の4日前、身体に故障がある私を気遣ってくれたKOHKI君が自宅まで届けに来てくれました。ありがたいことです。

昨年観たライブの中で特に印象深いのは、彼等が主題歌を提供した夏木マリさん主演の『生きる街』のショーケースライブです。映画のイベントということで、モッシュやクラウドサーフなんてものに全く縁がなさそうな客層。もちろん彼等のファンもいたけれど、武道館公演の直後ということもあり普段より少なめ。それでも、いつも通り(いや、いつも以上に)激しく美しく。BRAHMANはアウェイに強いバンドだと思います。
そして手前味噌ながら、TOSHI-LOWからセットリストの相談を受けた2つのライブを挙げさせてください。7月8日のOUTRAGEとのツーマン、そして12月4日のenvy企画「LAST WISH Tour」です。どちらも私が提案した曲をほぼ採用してくれました。





RHYMESTER「After 6」7"

DJ JIN
2018年12月21日 @ラーメン天華

配信のみでリリースされていた"After 6"が、先月めでたく7インチ化。

RHYMESTERの宇多丸さんがパーソナリティーを務めるTBSラジオの帯番組『アフター6ジャンクション』のオープニングテーマをフルバージョンにリアレンジした楽曲です。ラーメン天華という行きつけのラーメン屋の店主がTBSラジオ信者の為、その店に行く度に必ず耳にしていた曲なので、正に待望のアナログ化。そしてDJ JIN君にサインを入れてもらった場所もラーメン天華です。

更にJIN君と飲んだ3日後(12月24日)。またまたラーメン天華で飲んでいると、サンタの衣装を身に纏ったアナウンサーが出現。なんと『アフター6ジャンクション』の中継でした。リスナーにプレゼントを届けるという企画で、ラーメン天華の店主が当選したそうです(笑) JIN君の馴染みの店に宇多丸さんの番組の中継が入るという奇跡。
ちなみに、このラーメン天華にはJIN君のサインが入った「B-BOYイズム」の12インチが飾られております。RHYMESTERファンの皆様、西新宿にお越しの際は是非。JIN君のお気に入りはタンメンです。

ラーメン天華
東京都新宿区西新宿5-8-1



黒川沙良「Now Best One / Allnight (T-GROOVE  Remix)」7"

2018年7月16日 @ディスクユニオン新宿ソウル・ダンスミュージックショップ

2018年にリリースされた作品の中で最も聴いたレコードは、間違いなく黒川沙良さんの新作7インチです。
昨年2月にディスクユニオン下北沢店で初めて観た黒川さんのライブが衝撃的で、7月に出た今作も入荷日に購入。新宿のディスクユニオンで行われたリリースイベントで再び黒川さんの歌に圧倒されて以来、ライブに通うようになりました。最も印象に残っているのは7月25日に代官山ループで初めて観たグランドピアノの弾き語りです。

この7インチ、実は2枚所有しております。
黒川さんのライブを観た後はもちろん、酒を飲んで気分が良いときに出番が多く、酔っ払いすぎて危うく傷をいれそうになったことがあった為、もう1枚購入しました。
(前作の「ガールズトーク」も同様)


黒川沙良「Now Best One / Allnight (T-GROOVE  Remix)」7"

2018年8月31日 @原宿ストロボカフェ



以上、こんな感じになりました。実質的には7枚選んだようなものですが、まぁ問題ないでしょう。こんないい加減なコラムの読者の皆様は寛大な心の持ち主ばかりだと思いますので。
2019年もよろしくお願いしまーす!

五辺宏明(ゴベ ヒロアキ)

五辺宏明(ゴベ ヒロアキ)
レコード&昭和プロレス愛好家。 ライブハウスやクラブに足を運び、レコードにサインを入れてもらうことに喜びを感じる生き物。 そんなサイン入りレコードにまつわるアレコレをA to Z順に綴る。 ちなみに、生まれて初めてサインをお願いした有名人は故ジャイアント馬場氏。 (でも本当は80年代の新日&UWF派。好きなレスラーはブロディ、藤波、小林邦昭、後藤達俊、阿修羅原!)

世界中のレコードを、その手の中に
  • Google Playでアプリをダウンロード
  • App Storeからアプリをダウンロード

関連記事


新着記事

すべての記事をdig!