サイン蒐集家ゴベの『サイン入りレコード A to Z』第16回

WRITER
五辺宏明

レコード&昭和プロレス愛好家のゴベと申します。
今回は国内スラッシュメタル界の重鎮です。

第16回 OUTRAGE

OUTRAGE『BLACK CLOUDS』LP

橋本直樹、阿部洋介、安井義博、丹下眞也
2018年3月4日 @渋谷クラブクアトロ

栃木県のど田舎に住んでいた私は、レコードを買いたいのと、ライブを観たいという2つの理由だけで上京してきた愚か者です。 東京で一人暮らしを始めた当初は食費を削り、安い中古レコードを買うこと、そして月に一度、海外のヘヴィメタルやロックバンドを観に行くことが生き甲斐でした(たまにプロレス観戦も)。

上京する前からOUTRAGEやDOOM、CASABH等の国内スラッシュメタルバンドの作品を聴いていたものの、ライブは未体験でした。海外のバンドを優先していたからです。
しかし、そんな洋楽至上主義だった私の価値観を覆したのが、1990年に発表されたOUTRAGEの3rd.アルバム『THE GREAT BLUE』でした。ラジオで初めて聴いた"Just Believe In Me"の衝撃を忘れることはないでしょう。
『THE GREAT BLUE』のCDを発売日に購入し、ライブのチケットも入手。過去作品も改めて聴き込みました。
そしてOUTRAGEのライブを遂に体験。海外のバンド以上に熱い彼等のパフォーマンスに打ちのめされた私は、国内のスラッシュメタルバンドに傾倒し、ライブハウスに通うようになりました。

OUTRAGE『THE GREAT BLUE』CD

1999年
ヴォーカリストの橋本直樹さんが脱退。
OUTRAGEは3人で活動する道を選択します。
トリオ時代のライブも観たことがありますが、やはり「ここに直樹さんがいてくれたら・・・」と思わずにはいられませんでした。

2007年10月
友人から総合格闘技団体DEEPの後楽園大会を録画したビデオテープを借りました。帰宅して再生すると、番組のオープニングにOUTRAGEのライブ映像が使われていて、そこにはなんと直樹さんの姿が!!!
調べてみると、その映像は9月2日にクラブチッタで開催されたOUTRAGEの20周年記念ライブの模様でした。そして直樹さんが期間限定でバンドに復帰していることを知ったのです。なんたる不覚。
直樹さんがいるOUTRAGEを何としてでも観なくてはいけないと思い、20周年記念ツアーファイナルのプラチナチケットをなんとか入手しました。

2007年11月9日 @渋谷ボックス
ステージの幕が上がり、4人のOUTRAGEが登場。ステージに立つ直樹さんの姿を見ただけで泣きそうでした。
1曲目は、まさかまさかの"Under Control Of Law"。一番好きな曲です。誰よりも早くクラウドサーフでステージに辿り着き、客席めがけてダイブ。

往年の名曲を存分に歌った後、「またいつか会いましょう」と言ってステージを降りた直樹さん。その日が来ることを、心の底から願いました。

OUTRAGE『OUTRAGE』LP

橋本直樹、安井義博
2007年11月9日 @渋谷ボックス

阿部洋介、丹下眞也
2012年10月28日 @目黒鹿鳴館

2008年2月
直樹さん、正式に復帰。

2009年11月
直樹さん復帰後初となる10th.アルバム『OUTRAGE』を発表。アートワークを手掛けたのは、友人のBLACK BELT JONES DCこと近藤幸二郎君(以下コンちゃん)でした。

OUTRAGE『OUTRAGE』CD

2012年
コンちゃんのお誘いを受け、25周年ライブの一環として開催された鹿鳴館公演へ。
終演後、コンちゃんがOUTRAGEのメンバーやスタッフの皆様に紹介してくれたおかげで、いろいろお話しすることができました。

OUTRAGE『BLIND TO REALITY』LP

橋本直樹、阿部洋介、安井義博、丹下眞也
2012年10月28日 @目黒鹿鳴館

昨年30周年を迎えたOUTRAGEは現役バリバリで、先日のクアトロ公演も超満員。
終演後、直樹さんと乾杯したビールの味は格別でした。

OUTRAGE『THE FINAL DAY』LP

橋本直樹、阿部洋介、安井義博、丹下眞也
2018年3月4日 @渋谷クラブクアトロ

今回掲載した2枚のCDにはサインが入っておりません。サインはアナログ盤のジャケットに入れてもらいたいので。
この2枚、そしてコンちゃんがアートワークを手掛けた他の作品も、是非ともアナログ化して欲しいと思います。いや、いっそのこと、全てのアルバムをアナログ化していただけたら!
35周年に期待しましょう。

次回はPから始まるアーティストを予定しております。

五辺宏明(ゴベ ヒロアキ)

五辺宏明(ゴベ ヒロアキ)
レコード&昭和プロレス愛好家。 ライブハウスやクラブに足を運び、レコードにサインを入れてもらうことに喜びを感じる生き物。 そんなサイン入りレコードにまつわるアレコレをA to Z順に綴る。 ちなみに、生まれて初めてサインをお願いした有名人は故ジャイアント馬場氏。 (でも本当は80年代の新日&UWF派。好きなレスラーはブロディ、藤波、小林邦昭、後藤達俊、阿修羅原!)

世界中のレコードを、その手の中に
  • Google Playでアプリをダウンロード
  • App Storeからアプリをダウンロード

関連記事


新着記事

すべての記事をdig!