サイン蒐集家ゴベの『サイン入りレコード A to Z』番外編

WRITER
五辺宏明

レコード&昭和プロレス愛好家のゴベと申します。今年もよろしくお願いします。

今回は予定を変更し、私個人の2017年リリース盤ベスト5を発表させていただこうと思います。
というのも、国内アーティストのベスト5を考えてみたところ、うまい具合に全てのレコードにサインが入っていたからです。

さすがに海外アーティストの作品にはサインが入ってないので、今回はランク外とさせていただきます。そんなに都合よく来日していただけませんので。
ではでは〜

番外編 2017年のベスト5

ということで第5位から。

 

第5位

      

 

野宮真貴『男と女 〜野宮真貴、フレンチ渋谷系を、歌う。〜』7"

2017年2月27日 @タワーレコード渋谷店

CLEMÉNTINEと歌うpizzicato five時代の名曲"ウィークエンド"が良いです。
クレイジーケンバンドの横山剣さんとのデュエット"男と女"もナイス。

 

第4位

RHYMESTER『ダンサブル』LP

DJ JIN
2017年11月7日 @中国料理 天華

JIN君と近所の中華屋で飲んだ際にサインを入れてもらいました。
11月3日に「レコードの日」限定商品としてめでたくアナログ化。

 

第3位

本田珠也トリオ『SECOND COUNTRY』LP

本田珠也、守谷美由貴、須川崇志
2017年10月20日 @カフェ コットンクラブ

アルバムリリース後に、レギュラートリオにピアニストの海堀弘太さんを加えたライブを拝聴。熱く美しい演奏に心打たれ、涙腺が緩みました。

 

第2位

大西順子トリオ『GLAMOROUS LIFE』LP

大西順子、井上陽介
2017年12月22日 @吉祥寺サムタイム

初のバラード集『VERY SPECIAL』と同時にリリースされた大西順子さんのリーダー作。どちらも大推薦です。

昨年、大西順子さんのライブには12回足を運びました。2017年最多です。来年のブルーノートも楽しみ♪

 

第1位

BRAHMAN「ラストダンス feat. ILL-BOSSTINO / 守破離 feat. KO」7"

MAKOTO
2017年4月11日 @タクティクスレコーズ

TOSHI-LOW、KOHKI、RONZI、ILL-BOSSTINO、KO
2017年6月15日 @スタジオコースト

A面にはBRAHMANの4人とBOSS君に。
B面はBRAHMANとSLANGのKOさんに。

2016年に旗揚げされたキックボクシングイベント「KNOCK OUT」のテーマ曲として発表された"守破離"が、当初は配信のみだったので、TOSHI-LOWに7インチ化を直訴。

一方で、アナログ愛好家であるKOHKI君にも7インチ化を提案。すると、トラックダウンが終わったばかりの新曲を他のメンバーに内緒で聴かせてくれました。聴いてびっくり! なんとTHA BLUE HERBのBOSS君が参加してるじゃないですか!!!
「これは7インチで出すべきでしょ! "守破離"とカップリングで」と2人で盛り上がりました。
翌日、KOHKI君から「メンバーとスタッフに提案して7インチのリリースが決定した」というメールが届いた時は、興奮して思わず声が出ました(大きな独り言です)。
といった訳で、思い入れの強い1枚。

 

ちなみに、海外アーティストのベストはこちら。

AMP FIDDLER『AMP DOG KNIGHTS』LP

MOODYMANNのレーベル、mahogani musicからリリースされたニューアルバム。
このアルバムが出たのが9月。AMP FIDDLERが来日したが昨年の春なので、当然ながらサインが入る訳がありません。

ということで、AMP FIDDLERとMOODYMANNのサイン入りレコードを掲載しておきます。

AMP FIDDLER『WALTZ OF A GHETTO FLY』LP

2004年9月25日 @ブルーノート東京

MOODYMANN『BLACK MAHOGANI』LP

2006年4月29日 @ディスクユニオン渋谷クラブミュージックショップ

次回こそはEから始まるアーティストのレコードを掲載させていただきます。ではまた来週〜

五辺宏明(ゴベ ヒロアキ)

五辺宏明(ゴベ ヒロアキ)
レコード&昭和プロレス愛好家。 ライブハウスやクラブに足を運び、レコードにサインを入れてもらうことに喜びを感じる生き物。 そんなサイン入りレコードにまつわるアレコレをA to Z順に綴る。 ちなみに、生まれて初めてサインをお願いした有名人は故ジャイアント馬場氏。 (でも本当は80年代の新日&UWF派。好きなレスラーはブロディ、藤波、小林邦昭、後藤達俊、阿修羅原!)

世界中のレコードを、その手の中に
  • Google Playでアプリをダウンロード
  • App Storeからアプリをダウンロード

関連記事


新着記事

すべての記事をdig!