サイン蒐集家ゴベの『サイン入りレコード A to Z』第4回

WRITER
五辺宏明

レコード&昭和プロレス愛好家のゴベと申します。
BRAHMAN、COCOBATに続き、今回も格闘技の練習仲間です。

第4回 DJ JIN (RHYMESTER / breakthrongh)

「DJ JINって"J"じゃないの?」と思われる方がいらっしゃるのは重々承知しておりますが、私の都合で"D"にしちゃいます。すみません。


DJ JIN「Softly / Caterpillar Funk」7"

2012年12月3日 @近所の居酒屋

2012年10月27日に開催された「レコードマニアのための社会見学☆ DJ JINと行く! アナログレコードの良さに触れるレコー道ツアー!」の為に制作された7インチの1st.プレスです。
こちらはJIN君とレコード工場見学に参加した25名の為に27枚だけプレスされた超激レア盤。しかも、工場のミスでAB面のラベルが逆になってしまい、更にレア度アップ。非常に入手困難な代物です。

レコード工場を見学できる上に、激レア盤まで手に入るという夢のような企画です。是が非でも参加したいと思いましたが、当時担当していた柔術のクラスと重なっていた為、泣く泣く断念。

しかし、そんな超限定盤を、JIN君が1枚確保しておいてくれたのです。
25名の参加者 + JIN君 = 26枚。
ということは、工場見学に参加していない人間でこの1st.プレスを入手できたのは私だけってことじゃないですか! !!
本当にありがたいことです。
(後にAB面が正しく収録された100枚限定の2nd.プレスも発売されました)

そんなお世話になりまくってるJIN君と仲良くなったのは2002年。

RHYMESTER『リスペクト』LP

DJ JIN君
2002年4月17日 @新宿スポーツセンター

宇多丸さん、Mummy-Dさん
2006年8月30日 @恵比寿リキッドルーム

2002年某日
BRAHMANのヴォーカリスト、TOSHI-LOWとグラップリング(組み技の格闘技)の練習をする為、BRAHMANの事務所へ。
「なぜ音楽事務所で格闘技?」と思いますよね。
BRAHMANの事務所にはサンドバッグやキックミット、ボクシンググローブ等がたくさんありまして、TOSHI-LOWが日々トレーニングを積んでいるのです。
当時、機材車を停めてあるスペースにジョイントマットを敷いて、TOSHI-LOWとグラップリングの個人練習を行っていました。

事務所に到着すると「今日、もう1人参加したい奴がいるんだけどいいかな? 遅れて来るんだけど」と言われたので了承。TOSHI-LOWの友達ってことは、ハードコアとかミクスチャーロックなんかをやってるバンドマンが来るんだろうなぁ、と思っていたのです。とりあえず、先に2人で練習開始。

黙々とスパーリングを続けている最中に事務所のドアが開きました。
うわっ、マジかっ!
入ってきたのは、なんとRHYMESTERのDJ JIN!!!
一瞬動きが止まるくらい驚きました(驚きすぎてTOSHI-LOWに極められそうになるくらい)。だって、私が本格的に日本語ラップを聴くきっかけになったのは、レコード屋(シスコ)で流れていた"耳ヲ貸スベキ"なんですから。驚くに決まってます。

RHYMESTER「耳ヲ貸スベキ」12"

DJ JIN君
2007年12月10日 @渋谷の居酒屋

練習後、焼鳥屋で打ち上げ。
くだらない話題(下ネタ多め)で盛り上がりつつも、こちらはJIN君に話したいことがたくさんある訳です。ファンなので。
TOSHI-LOWがトイレに行くやいなや、数ヶ月前に西麻布イエローで開催されたELLEN McILWAINEの来日公演を観に行ったこと、多くの著名DJが出演していたそのイベントで(ELLEN McILWAINEのライブも含めた上で)JIN君のプレイが一番良かったことを伝えました。
JIN君からしてみれば、TOSHI-LOWの友人である私のことを、ハードコア等のうるさい音楽を好んで聴く人間だと思っていたので(実際そうなんですけど)、ELLEN McILWAINEの名前が出てきたのは意外だったそうです。
やっとJIN君と音楽の話ができ、感激していたのも束の間、TOSHI-LOWが席に戻ると再び下ネタ多めの会話になっていくのでした。
(それはそれでめちゃくちゃ楽しかったんですけどね)

RHYMESTER『ウワサの伴奏』LP

DJ JIN君、TOSHI-LOW
2005年10月29日 @大田区体育館
(TOSHI-LOWが出場するはずだったキックボクシングのプロ興業をJIN君と一緒に観戦。残念ながら大会直前に負傷し、欠場することに)

その日以降、すっかり意気投合したJIN君とちょくちょく会うようになりました。
RHYMESTERのライブや、レギュラーパーティーの「breakthrough」や「IN BUSINESS」等に招待していただいたり、2012年まで私が担当していたキックボクシングジム「ストラッグル」の柔術クラスに参加してくれたり。
今でも一緒に格闘技の練習をすることがあります。

飲みに行くことも多く、ふらふらになるまで梯子酒することもしばしば。磯野波平ばりの千鳥足を披露してくれることもあります♪

JIN君、いつもありがとう! これからもよろしくね。

breakthrough「Highway 2 U feat. AMP FIDDLER」10"

DJ JIN君
2007年7月17日 @ストラッグル

BEMBÉ SEGUÉ、MARK de CLIVE-LOWE
2007年11月16日 @渋谷JZブラット

最後に。
これはとても重要なことですが、JIN君が好きなプロレスラーは田上明です。渋い♪

次回はEから始まるアーティストを予定しております。
よいお年を~

五辺宏明(ゴベ ヒロアキ)

五辺宏明(ゴベ ヒロアキ)
レコード&昭和プロレス愛好家。 ライブハウスやクラブに足を運び、レコードにサインを入れてもらうことに喜びを感じる生き物。 そんなサイン入りレコードにまつわるアレコレをA to Z順に綴る。 ちなみに、生まれて初めてサインをお願いした有名人は故ジャイアント馬場氏。 (でも本当は80年代の新日&UWF派。好きなレスラーはブロディ、藤波、小林邦昭、後藤達俊、阿修羅原!)

世界中のレコードを、その手の中に
  • Google Playでアプリをダウンロード
  • App Storeからアプリをダウンロード

関連記事


新着記事

すべての記事をdig!